現代の人間たちは、なにか自分が思いたった、考えついた、やってみようかなあという気持ちが出た事柄が長続きしない。長続きしない理由の第一は、思ってはみたものの、考えてはみたものの、やってみたものの、どうもうまくいかないから、「もう俺はあかんわ、駄目や」、こういうふうに思うからいけない。それは理想じゃなく、ただ夢みたいな、うわごとみたいな気持ちを心の中に描いただけだよ。  理想には信念が必要なんです。信念がつかないと、どんな故障が出ようと、文字どおり万難を突破してもその理想の完成成就へと勇往邁進しようとする力が、分裂しちまうんだよ。ところが、信念が出ると、理想の完成成就へと勇往邁進させる力がその心にひとりでにもたらされるというより、ついてくる。  案外、理想もなく生きてる人が多いんだぜ。何か理想があるように自分で思っていても、それは理想になっていない。ただ、ああなったらいいなあ、というような考え方だけしかない。それは理想ではなく、欲望だもの。  人生を日々、極めて有意義に生きようとするのには、常に自分の人生理想を明瞭にその心に描いて、変えないことです。チョコチョコ変えちゃ駄目なんだよ。
 人間は、腹が減ったときに何かうまいものが食えりゃ幸いだと思うし、デパートにでも行って、「ああ、あの着物」と思ったときにすぐ、「買ってやろうか」と買ってもらったら、「ああ、幸福だ」と思うだろう。...
 自然界に存在する人間への掟はまことに厳しい。しかもこれは永久に変わらず、その昔から永遠の将来まで、証として実在している。  真理は峻厳にして侵すべからず。間違った生き方に対する正しい心構えが万一にも用意されないと、たちまち、事実が反省を促します、  その反省を促す事実とはいかにといえば、病なり不運です。...
 「理想」というものは、心理学者はこう言っています。「継続せる組織のある連想」。これをやさしく噛み砕いて言うと、ある組み立てのある考え方がそのまま継続している状態を「理想」と言う。...
 本当の幸福というのは、人生がより良く生きられる状態に自分ですることなんです。自分でしないで、ほかからしてくれることを待ってるかぎりこやしないよ。自分の現在の生活に自分の心がまず満足しなきゃいけないんだよ。...
 天風哲学は、積極性をもって人生に生きよという教えであります。だから「欲を捨てろ」なんて、そんな消極的な、できないことは大嫌いだ、私は。もっと人生は積極性を発揮して、大いに欲望を炎と燃やせと私はあえて言う。それでなければ、本当に偉い人間はできやしないよ。...
 ためしにあなた方、自分の周囲を見てごらん。何かわかることがあるから。いいかい、目にふれるすべての物は一切合財、宇宙の自然創造物以外の物はすべて、人間の心のなかの思考から生み出されたものでしょう。もうどんな物でも、ちりっぱ一枚でも人間の心のなかの思い方、考え方から生み出されたものじゃないか。...
 ふたたびは 来らんものを 今日の日は        ただ ほがらかに 活きてぞ たのし  悲しくば 明日悲しまめ 今日の日は        光うるおしく 吾れを 照らすを...
 あなた方も考えてごらん。...
 私は、いつも思う。  世の中の人の多くは、なぜもっと生活の中の情味というものを味わって生きようとしないのかと。というのは、世の中の人々の生活への姿を見ると、たのもしい積極的な生活をしている人が事実において極めて少なく、おおむね多くは、消極的な、勢いのない力弱い生活に終始している人が多いからである。...

さらに表示する