本当の幸福というものは

我々は、どんな場合にも、人生の幸福というものを安易な世界に求めてはいけないということ。平穏無事を幸福の目標としないこと。したがって、苦悩を嫌い、それから逃れたところに幸福があると思っては断然いけない。というのは、そういうところに本当の幸福というものは絶対にないからなの。本当の幸福というものは、健康や運命の中にある苦悩というものを乗り越えて、それを突き抜けたところにあるんだ。