「もしも、自分がこういう立場になったら」と考えたなら

「もしも、自分がこういう立場になったらどうだろう」と考えたならば、骨身を惜しまず真心で力添えしてやる、それが人間として必要だというのである。