常に和の気持ちで終始応接するということ

何よりも必要なことは、日日の人生生活を、どんな場合、またどんな事情があろうときでも、常に和の気持ちで終始応接するということ。このことの実行を、より一層今日以後真剣に徹底されたいのであります。