心というものは生きるために使う

心というものは、厳粛に言うと、生きるために使うので、使われるためにあるんじゃないんだから、これ忘れちゃダメだよ。心に使われたら最後、人生はたちまちその価値を失う。