自分の人生は、どこまでも自分自身が守るべき

人生は人に頼るべからずということが厳粛な真理だと思いませんか。自分の生命、自分の人生は、どこまでも自分自身が守るべき義務があり、また責任のあるものだと思いませんか。