まず、さびを取ること

さびついた車は、回そうとして油を注いでも回らない。まず、さびを取ることである。そうしないと、苦痛や苦難をそのまま、いきなり自分の心のものにしてしまう。