心だけは病や不運の虜にさせないことです

よしんば身に病がおこった場合であろうと、運命にままならない状態が生じた場合であろうとも、その心だけは、病や不運の虜にさせないことです。