「生命の生存」を確保する「生き方」

人間が人間らしく生きるのには何をおいても、先ず第一に我々は「生命の生存」を確保する「生き方」を考えなければならないのです。その次に、「生命の生活」という「活かし方」を考える。