消極的な言葉を絶対に口にしないこと

まず言葉に気をつけることです、言葉に。どんな場合にも、「こまった」「弱った」「情けない」「悲しい」「腹が立つ」「助けてくれ」なんていう消極的な言葉を絶対に口にしないことです。