正真正銘の心の世界

光明を人生に輝かせようと思っても、そうした気持ち、心持ちにならないかぎりは輝いてこない。だから、「きょう一日、怒らず、怖れず、悲しまず」と、言っているじゃないか。この「怒らず、怖れず、悲しまず」こそ、正真正銘の心の世界の姿なんだ。