祈らずとても 神や守らん

本当の真理から論断すれば、なにも神や仏だのと頼らなくてもよろしい。むかしからの歌にもある。「心だに 誠の道に かないなば 祈らずとても 神や守らん」