今度は腹で受けるようにしてごらん

すべての感情や感覚の衝動や刺激を、今までは心ですぐに受けて、驚きあるいは怒り、あるいは悲しんでたろう。こんどはそれを、腹で受けるようにしてごらん、腹で。心で受けると、どうしても衝撃が大きいんです。