はたからどんなに幸福そうに見えても

幸福というものは客観断定にあらずして、主観の断定です。はたからどんなに幸福そうに見えてもそれは幸福とは言えないんですよ。本人がしみじみ、ああ、私は幸せだと思えないかぎりは、本当の幸福を味わうことは出来ない。