正しきものに従えば、正しからずものは出てこない

正しきものに従えば、決して歪めるもの、正しからずものは出てこない。自分で正しいことを行っているようでも、その行いの中に正しからず不純のものがあり、歪めるもの、汚れたものがありゃ、必ず結果においてよくないものが出てくるのは当然であります。なぜかといえば、この世の中は、すべて蒔いた種に花が咲き、実が成るようにできているんだ。