いかなることがあっても、喜びを感じ、感謝を感じ

いかなることがあっても、喜びを感じ、感謝を感じ、笑いを感じ、雀躍りして喜ぶ気持ちになって、その一刻を過ごすということが、何十年来の私の習慣である。