チャンス

 古訓にも、「チャンス」を逃す者は愚人である、というのがある。

 また「真によく成功する者は、常にチャンスを巧みに捉える人である」というのがある。ところが、誰でもが知っているはずのこの言葉通りに「チャンス」というものを、いつも正確に逃さずに捉えて人生に生きている人が、どの位あるであろうか。

 「しかも『チャンス』というものは、そうしばしばは、容易に恵まれないものである。」

 要するに、運命であれ、健康であれ、それをより良い状態にするには、特に更生の「チャンス」を絶対に逃さぬことである。そして「チャンス」に対しての必要な注意は、常にそれを見逃さないようにすること、もう一つは、チャンスに直面した際、無駄に迷いためらわないことである。即ち颯爽たる決断力をもって、万難を排して、これをキャッチすべしである。これぞ、愚人の轍を踏まない、最良の手段である。