すべてのことに感謝しよう

 たとえば、事業に失敗したときでも考えなさい。

 「俺は運が悪い」と思わないで、「事業をする場合の心構えなり、方法なりに、大きな間違いがあったことを、天が教えてくれているんだな」と、そして、「どこかに筋道の違っているところがあるんだ。ありがたいことだ。このままつぶれてしまっても仕方ないのに、生かしておいて下されば、盛り返すこともある」と思うことだ。

 だから、心がけを取り替えて、すべてのことに感謝しよう。そしてこうして生きていることに対する歓喜の気持ちをもとう。

 感謝と歓喜の感情は、大宇宙に正しい力を呼びかける、最高にして純なる合図ともいえる。否、それは、我々の運命や、健康や成功などを建設し、または成就してくれる。大宇宙の力の流れを、命の中に導き入れる「筧」のようなものである。だからこそ。何事にも感謝せよ、歓喜せよというのである。