悲しさにも情味はある

 特に知っておきたいことは、生活の情味というものは、楽しい事柄のなかにのみあるものではない。悲しいことのなかにも、また悲しい事柄のなかにもある。まして人間世界の階級差別に何ら関係はないのである。

 否、むしろ富貴や地位に生きるものは、生活の情味を、そうしたものの中から獲得しようとするために、真の味わいを味わいがたい。したがって真の幸福というものを味了することも容易ではない。

 だから、この真理を厳粛に考察して、われわれはできる限り、広くかつ深く、生活のなかから情味を見出すことに努めよう。

 要は心の力を強めることである。さすれば、吾人の命の生きる範囲は多々益々拡大され、内容もいよいよ豊かに、そして自然と幸福も分量多く感得される。