たった一人でも正当は正当

 誰でもが、「自分の思っていることに間違いはない。その証拠には、病であったり、出来事があったりすると、すぐ心のなかが、平静であるべき場合に平静でなくなって、怒ってみたり、あるいは悲しんでみたりするのが、百人が百人、同じことじゃないか、だから、自分の現在もっている心の状態に間違いはない」と、思っちまう。

 しかし、百人のなかで九十九人が間違っていても、間違いは間違いなんです。百人のなかでたった一人が正当を行っていれば、数が少なくても、正当は正当なんです。

 人数が多ければ、間違いも正しいもののようにされちまうのは、議会だけなんです。あの議会ってのは重宝ですよ。どんなに間違っていても、不当なことでも、人数が余計あれば、もうそれで決定しちまうんだから。が、人生はそういうわけにはいかない。

 ところが、人生も議会と同じように考えているのが現代人の常識じゃないか。「俺が思うこととあいつの思うことは同じじゃないか。こいつもそう思ってりゃ、みんな同じだ。だから、どうだ俺の考えは間違いないだろう」とこうなっちまう。

 そうすると、みんな間違いを間違いでなく、正当だと思っている間違いを、あくまでも訂正しないで一生を生きちまうんだ。。