潜在意識の大掃除

 とにもかくにも、消極的感情、情念を、自分の実在意識の中に発生させないようにしなければならないんだが、それがいけないと言われたそばから、発生させまいと思っても駄目。学者や識者、あるいは宗教家は、そういうときに、そういう思い方考え方をするからいけないだと言うけれども、私から言わせれば、思ったり考えたりするのがいけないんじゃないんだよ。潜在意識の中に、そういうことを思わせたり考えさせたりするような、材料をため込んでおくことがいけないんだ。材料がなけりゃ出て来ないんだ。あるから出てくる。

 考えてごらん、四斗樽に水をいっぱい入れておいたら、いつのまにか、ぼうふらがわき出したとする。これはいけないっていうんで、あとから新しい水をいくら入れても、よろしいか、ぼうふらの卵をとらないかぎりはいつまで待ってもぼうふらをなくすことはできないんだ。アパートを借りに行っても、空き部屋がなければ入れないのと同じこと。どんないいことでも、潜在意識の中に入りたくても、潜在意識の中は、ノー・べケント・ルームなんだ。

 だから何をおいても、まず第一番に、潜在意識、すなわち心の奥の、大掃除をやらなければいけないんだよ。