「人為」と「自然」

 同じ事柄がわかっているという場合にも、そのわかり方には、「理解」と「自覚」という二色がある。

 さんざん理屈を聞かされて三段論法的に論理思索を秩序正しく導かれてわかるやつは「理解」なんだ。人為承認。おおむね多くの場合、あなた方の受けている教育はそれなんです。

 「自覚」というのは、自然承認です。理屈を考える必要もなければ、理由を説明される必要もなく、自然と、「ハハァーン、そうか」というふうに心がうなずくのが自覚。

 同じ教育を受けていながら偉くなる人は、理解を自覚の方へ移す分量が多いための結果だという判断は、けっして軽率じゃないと言っていいんであります。

 真理というものは、もちろんそれは知らないときには最初、理解から入らなければならないのが順序だが、理解を理解のままにしておくことは、人為承認なんですから信念化しません。

 ただ、我かく思うというだけで、信念化しない。自覚になると、自然承認なんだから、あえて努力することは必要としないで、いつかは知らず自然と、それが牢固として、抜くべからざる信念となってくるのであります。