初一念を貫徹する

 古来から、儕輩の群を凌いで名をなし、業を全うした、いわゆる偉人傑士と呼ばれる人々がおります。

 あの有名な、出世頭ともいうべき、東洋では豊臣秀吉、西洋ではナポレオン、この二人はともに、あの時代に、普通からいったら出世できない身分の低い人であります。それが、何と秀吉もナポレオンも、僅かな年月の間に立派に兵馬の権を手にして、天下に君臨しております。また、フランクリンやワットやエジソンのごとき、そのほか、偉大な発明や発見をあえてした人々は、いずれも心の態度が積極的でありました。

 どんな大変な苦労に遭遇しても、不撓不屈、その強い心で何事、何物にも脅かされずに、よくそれを乗り越えて、そして初一念を貫徹する強い心があの人たちを成功させたのであります。

 ということを考えてみるときに、特に私が念を入れて強調したいことは、積極的精神というのは、決して先天的なものじゃないということ。言い換えると、後天的に人間の修行や努力では、どんなことをしても完全につくり上げることができないもののように、多くの人が思い込んでいるのは大変な間違いだということを、まず一番にはっきり自覚されたい。