時は金なり

 物質本位の実利主義者は、「時は金なり」というこの言葉に心からの共鳴を惜しまないであろう。しかし、金は失っても取り返すことはあえて不可能ではないが、時はいったん失ったら現在の意識に戻って来ない。  

 厳格にいえば、「時」というものが「尊厳なる実在」であるにも関わらず、物象的存在でないだけにどうしても観念想定に傾向してゆく。するとどうしても、「時」というものに対する観念が相対的になって、真実に「時」を人生至上のものという、いいかえれば本当に「時間」を重んじ守るという絶対感が希薄になり、その結果絶対に再現しないであろう時、すなわち何としても取り返しのできない「現在」という時を、徒費または空費してしまうことになる。

 否、この種の人が。現代の世の中にいかに多いかである。そのため、もっと成功もでき、もっと幸福になれる人生を、案外くだらなく経過させてしまっている人が事実において少なくない。

 極言すればあくびする時間も、くしゃみする時間も、とりかえせないのである以上、瞬間といえども軽々に徒費すべきでなく、心して有意義に使って生きるべきだと厳かに自戒していただきたい。