慌てない

 人間というものは男女の別なく、いかなる場合にもその人生に生きる際、慌ててはいけないのである。

 というのは、人生に生ずる錯誤や過失というものは、その原因が、心があわてたときに多いからである。慌てるというのは、またの名を周章狼狽というが、これは心がその刹那、放心状態に陥って、行動と精神とが全然一致しない状態をいうのである。言い換えると心があっても無きに等しい状態になるのである。だから、さまざまの過失や錯誤が生ずるのも当然である。

 そしてそういう心になると、時には笑えない滑稽ともいうべきミステイクさえ行うのである。たとえば、手にもっているのを忘れてその物品を紛失したと早合点して、大騒ぎして探すなどという、常識ではとうてい考えられない珍芸さえ演出するのである。

 すなわち、結論的にいえば、真に沈着な心こそが、明澄なる意識を生み出し、明澄なる意識こそがその行動を截然ととして遅速緩急誠によくこれを統御するものである。すなわち武道の極意を把握するものや、その他技神に入るような堪能精錬の人は、皆この真理にしたがっているからなのである。