まごころとは

 よく、世俗の言葉に、これはさすがに金のかかっているだけに、よくできている、ということがある。がしかし、その場合、金がかかっているから、まごころもこもっているとはいえない。

 また、その場合、その報償の多寡で、まごころのこもり方に差異があるとしたら、そのまごころなるものは、報償の多寡に左右されるものだから、厳密にいえば、まごころというべき尊厳なものでなく、しいていえば念が入れられているとか、丁寧にされているとかいう言葉で形容すべきが妥当である。

 いずれにせよ、人間の行為に、まごころのこもってなされるのとその「否」との場合は、その結果の事実のいかんにかかわりなく、その行為の「尊さ」というものに、すこぶる格段の相違がある。