調和

 調和ということは、厳粛なる宇宙本来の面目であり、かつまた人生の実相であると同時に、生きとし生ける生命の本来の姿なのである。言い換えると、調和ということは、万物存在の絶対に侵すべからざる尊厳なる自然性なのである。

 この世界にある様々な出来事の中でも、自然的に発生する出来事をこまかく看察すると、そのいずれもすべてが、この宇宙の本来の面目である調和という自然性の発動する現象であることがわかってくる。すなわち、雨にせよ、風にせよ、雪にせよ、氷にせよ、極言すれば、天変地異、地震、噴火、台風、津波等も、また人間の生命に生ずる疾病違和も、宇宙摂理により生じてくる尊い大自然の発動現象なのである。一切をできるだけ完全な姿にするべく、言い換えれば絶対調和の状態にするべく、その不備と欠陥とを是正しようとするための自然性の能動作用なのである。

 であれば、政治であれ、事業であれ、さらには人事世事一切合財、調和がすべての完成へ重要な役割を果たすので、どんな思想でも主義でも、また計画でも設計でも、調和を無視した考慮では、とうていその完成は現実化されないのが当然なのである。