記憶力をよくする法

 有意注意力が習慣化されてくると、自然と注意が注がれる範囲が拡大されていって、一度に多数または多方面に自分の注意を困難なく振り分けられるようになってくる。不必要な消極的観念が心の中を占拠して、有意注意力を攪乱するということがなくなってくる。その当然の帰結として、連想力が正確になり、いわゆる思想の整理が自然に巧妙になされるようになると同時に、記憶力がすこぶるよくなるんです。なぜなら、心の前におかれた事物のいっさいをその心に深刻に印象づけて、細大もらさず心の記憶の倉庫内にいれちまうからだ。