人の一生は、一回限り

 人の人生は、なんとしても一回限りのものである。絶対に二生はない。

 生まれかわったということはあるが、それは、ただ観念的に想定した二生なので、現実の二生というものは決してないのが実際である。