言葉の暗示感化力

 言葉というものは人間の世界だけに与えられた、まことに何ともいえない重宝なものであるが、ただ上顎と下顎がぶつかり放題、思うがままにしゃべっていると、時として、その言葉が自分の生命や他人の生命までも傷つけることがある。

 言葉は、実在意識ならびに潜在意識をきれいにしたり、あるいは汚したりする両方面の働きをもっている。つまり言葉ほど、恐ろしい暗示感化力をもつものはないのであります。