一心不乱にやる

 修養の途上には、しばしば鹼山深谷がある。まして過去の長い間、少しもそうした方面に、意識を向けることなしに生活していた人には、それ相当の努力を一層必要とするのがこれまた当然のことであるから、あらかじめそれを充分我が意念として、怠る心に鞭打つ気組みで熱心に実践を継続しなければならない。そうすれば必ず追々と初期の目的を達成し得ることは、これまた必至である。要はただ一心不乱に、いったん実践に志したならば、何かの効果事実を把握するまでは、絶対に中止しないと、堅く自己自身の心に誓うべきである。