正しい愛情

 本当に愛するという気持ち=正しい愛情というものは、活きている「いのち」に対する尊敬という心理的現象がこれに相対するバロメーターをなすものなのである。

 だから、こうして、呼吸し、飲食し、排泄し、そして、ものをいい、互いにその心を感じ理解し、さらにこうして生命が動いている、すなわち活きているという大事実を、衷心から尊敬するという敬虔な気持ちにならないとしょせん、正しい愛情というものは、心の中から湧き出してこないのである。