「悩み」は消極思考の産物

 「悩み」という心理現象は、決して発作的に偶発するものではなく、必ずや、その心の中に、何かの取り越し苦労かまた、消極的の思考、すなわち憤怒、恐怖、悲観、憎悪、怨恨、嫉妬、復讐、憂愁、煩悶、苦労等々というような消極的感情情念が、心頭に発生する結果現象なのである。